しゃべりーなサイ

ひとり旅の話、昔のこと、最近のこと、たまには勉強の話も。

訪日外国人に英語で助言するときの簡単フレーズ集【駅の出会い】

スポンサーリンク

訪日外国人に英語で助言するときの簡単フレーズ集【駅の出会い】

f:id:oshaberisai:20200209003143p:plain

英語で話しかけたい人向けの簡単フレーズ集

この記事は「困っている訪日外国人に助言してあげたい」ときに使える簡単英語フレーズ集です。

 
紹介するフレーズは、ほとんどが中学1年生で習う単語・文法がもとになっています。

これを機会にぜひ中学校の英語を見なおして英会話力を上達していただければと思います。

 

今回は電車の駅で困っている人に助言するときに使えるフレーズ集です。

お役立てください。

 

 ・12歳までの子ども向けオンライン英会話無料体験はこちら

簡単な英語で外国人に助言する【駅の出会い】

f:id:oshaberisai:20200209093114p:plain

どうかしましたか

Are you OK?
Can I help you?
What can I do for you?

・下にいくほど丁寧な表現です。

・最初に  Excuse me. は付け加えましょう。

 

この近くに地下鉄の駅がありますよ

There is a subway station near here.

・「この近くに」は near here
this  は使いません。

・「~があります」は there is ~  
We have ~, You have ~ なども使えます。

・8日間無料お試しの英会話習得の最後の切札!

 

あちらで切符を買えますよ

You can get the ticket over there.

・動詞は  buy でもOKです。

over there = 「あちら、あそこ」

 

切符売り場はこちらです

Ticket office is this way.

Please follow me to the ticket office.

this way  「こちら」は案内するときに便利な表現です。

・follow  =  ついて行く(来る)

・ネイティヴに直接習って英会話を上達させる駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!

 

ここで路線図をもらえますよ

You can get a route map here.

get 「もらう、手に入れる」

here, there, over there, now, today  など場所や時を表す単語は文の最後につけます。

 

地下鉄の路線図をお見せしましょうか

Shall I show you the subway route map?

Shall I ~ = 「~し(てあげ)ましょうか」

 

www.chuueigo.com

 

 

www.chuueigo.com

 

簡単英語で電車について話してみる

f:id:oshaberisai:20200209092659p:plain

その電車は混んでいるかもしれません

The train may be crowded.

・may ~  = 「~かもしれない」

※「混んでいる」は busy も使えます。

※またこの文は次のようにも言えます。
The train may be full of people.

・好きな時間に好きなだけ通い放題無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul

 

この電車はあなたのホテル近くに行きますよ

This train goes near your hotel.

・電車がホテル近辺を通るかどうか、初めての人にはわかりません。
先に教えてあげると親切ですね。

 

河原町駅で降りればいいですよ

You should get off at Kawaramachi Station.

※「~した方がいい」は should  を使います。
学校では should  は「~すべき」と習いますが、実際はもう少しやわらかなニュアンスです。

・逆に「~した方がいい」と習った had better  の方が「~しないとダメ」のような強い意味になってしまいます。

例)この本を読んだ方がいいですか。

Should I read this book?

そこに行くには乗り換えが必要です

You have to change trains to go there.

※「乗り換え」の場合、名詞は複数形になります。
乗って来た電車と次の電車を含めるからですね。

・『IELTS』対策オンライン講座の無料相談はコチラ

 

次の電車は5分後に来ますよ

Next train will come 5 minutes later.

・「~分後に」「~日後に」=  ~ later

 

電車は10分おきに来ますよ

A train comes every 10 minutes.

・「~おきに」「~ごとに」=  every  ~ 

例)3時間おきに=  every three hours

 

次の電車にした方がいいですよ

You should take next train.

・これも had better  より  should  の方が適当です。

・子ども向けオンライン英会話無料体験ならこちら

 

 

気をつけてください

Take care please.

・別れぎわに言う「気をつけてね」というフレーズです。

※危険が迫っているときの「危ない!」「気をつけて!」なら
 Watch out.     Look out.

・「良い旅を」という意味ならもとはフランス語の  Bon voyage.

 

楽しんでくださいね

Have a good time!

Please enjoy yourself!

 

 

www.chuueigo.com

 

以上、いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事に掲載した表現は中学1年で習ったものばかりです。

簡単な英語ですが、「習った」と「話せる」の間には大きな隔たりがあります。

人生経験を積んだ今なら、やり直せば「話せる」レベルまで到達できるはずです。

 

ぜひ中学の英語をまた習得しなおして話せるレベルまで臨んでみてください。

本日は当ブログをお読みいただきありがとうございました。

・『IELTS』対策オンライン講座の無料相談はコチラ

・専属トレーナーが1人ひとりに合わせた指導。英会話向上ならこちら

 

 

www.chuueigo.com

 

 

www.chuueigo.com

 

 

www.chuueigo.com