しゃべりーなサイ

ひとり旅の話、昔のこと、最近のこと、たまには勉強の話も。

雉(キジ)の鳴き声は「ケーン」でいいのか?雉にまつわるエトセトラ

スポンサーリンク

雉(キジ)の鳴き声は「ケーン」でいいのか?雉にまつわるエトセトラ

 

f:id:oshaberisai:20200430143437p:plain


 キジの鳴き声を聞いたことがありますか。

 

百科事典などではキジの鳴き声は「ケーン」と書かれています。

 

この記事は初春から初夏まで、毎日キジに遭遇してほんの少しわかったことを綴っています。

 

  

朝散歩で毎日見かけるキジの夫婦

私は「朝散歩」を日課にしています。

 

ほんの短い距離でも毎日歩いていると、四季折々の様々な野生動植物に出会えます。

 

野生の動植物を見たり聞いたりすることが 朝散歩 の楽しみのひとつになりました。

 

なかでも雉(キジ)は、冬から夏にかけてしばしば出会える動物のひとつです。

 

初春から初夏にかけて、鳴き声を聞く機会が増え、つがい(夫婦)でツーショットを見せてくれることが増えます。

 

鳴き声はなかなか刺激的ですし、オスの色鮮やかな姿も魅力たっぷりです。

 

朝散歩がなぜ体にいいかはこちらの動画で  ↓  ↓  ↓ 


朝散歩は起きて、すぐ行こう!【精神科医・樺沢紫苑】

 

キジの鳴き声

では、キジ(オス)はどう鳴くのでしょうか。

 

実際の鳴き声はこうです  ↓ ↓ ↓ ↓


キジの鳴き声6連発

 

鋭い鳴き声ですね。

笛を強引に吹いたときのようなかすれた声が遠くまで響きます。

 

憂いを帯びたようにも聞こえるハスキーな鳴き声です。

 

私が朝散歩する30分のコースに3組のキジ夫婦がいます。

 

それぞれ別のテリトリーでほぼ毎朝見かけます。

 

30分歩くと10回はオスの鳴き声を聞きます。

 

産卵前から夫婦連れで見かけることが多くなり、オスがさかんに鳴いています。

 

メスキジの鳴き声はこちらです ↓ ↓ ↓ ↓


メスのキジ...その鳴き声って?

 

 キジにまつわることわざ

次に雉(キジ)にまつわることわざを紹介します。

 

「 雉も鳴かずば撃たれまい 」

 

雉だって鳴かなければ、人に撃たれることもないのに」から

 

余計なことを言って、自らに災いを招くこと 表します。

 

類義のことわざには「口は禍の門」があります。

 

たしかに、遠くまで聞こえるあの鋭い鳴き声はとても目立ちます。

 

キジの肉は美味しいと聞きますし、鮮やかな毛並みはしばしば剥製を見かけます。

 

猟師にとってはキジの鳴き声はカモネギなのかもしれません。

 

あの目立つ声で鳴くことは、キジにとっては災いのもとになるのでしょう。

 

やたら鳴かずに元気に生きのびてほしいものです。

 

最後に直近の画像です ↓ ↓ ↓ ↓ 見えづらくて申し訳ありません。

f:id:oshaberisai:20200430212652j:plain

令和2年4月撮影

以上、本日は当ブログをお読みいただき、ありがとうございました。

 

あなたも朝散歩に出かけて、足元の草花や空の鳥たちに目を向けてみてくださいね。

 

 朝散歩でメンタルを鍛えよう!! ↓ ↓ ↓ ↓ 

www.chuueigo.com

 

笑って元気になろう!! ↓ ↓ ↓ ↓ 

www.chuueigo.com