しゃべりーなサイ

ひとり旅の話、昔のこと、最近のこと、たまには勉強の話も。

中1復習・can, howの文と本文中の重要表現【Prog8】

スポンサーリンク

中1英語・12月に習うところざっくりまとめ・英会話上達にも

f:id:oshaberisai:20191215162323j:plain

 

 英語の基本中の基本 = 中1英語

この記事は次のような人に向けて書いています。

  • 留学なしで英語を話せるように学習しなおしたい人
  • 自分の子どもに英語を教えてあげたいと願っている人
  • 英語の復習をしたい中学生

 

 

当ブログは、いま中学1年生が習っている英語をシリーズで解説しています。

誰もが習った中学英語が英会話上達の基本になることはまちがいありません。

英会話の上達を図る大人も、将来英語をモノにしたい中学1年生も、ひとつ前傾姿勢でお読みください。


※当ブログは、開隆堂の教科書「Sunshine」の基本文と本文 を参考にしています。著作権の関係より単語はある程度変えてありますが教科書どおりです。中学生の予習・復習にもぴったりです。

 

 

Program 8  基本文 can 

基本文  can を使った文

●He can read Japanese too.

●彼は日本語も読むことができます。

※canを使ったら動詞は原形
三単現も is, am, areも関係ありません。
わずらわしくないので楽! canを学ぶ間は英語は簡単!
この機に苦手意識をなくしておこう!

 

基本文  can を使った疑問文


●Can you make this table?

●このテーブルをつくることができますか。


※can の疑問文はcan が文頭。動詞は原形のまま。簡単です。

 

  

Program 8  本文中の重要語句① 

f:id:oshaberisai:20191215164603j:plain

 

重要語句  a member of ~


●I'm a member of the shogi club.

●私は将棋部の一員です。

※a member of ~ は連語として覚えておこう! 便利な表現です。
教科書本文より。

 

重要語句  too ~


●That's too difficult for you.

●それはあなたには難しすぎます。

※too 「~すぎる」の使い方と「~にとっては」の for を覚えましょう!
教科書本文より。

 

重要語句  how about ~


●How about you?

●あなたはどうですか。

※How about ~ で「~はどう?」
幅広く使えます。 How about tomorrow?
What about ~ も同じ意味です。置き換えられます。
教科書本文より。

重要語句  be good at ~

● She is good at English.

●彼女は英語が得意ですね。

※be good at ~ で「~が得意(上手な)」 

「be」 は主語によって is, am, are を使い分けます。
教科書本文より。

 

  

実際の会話で必要なのは構文力

f:id:oshaberisai:20191215170519j:plain

英語を話す場面は無限

簡単で短い英文を使って文を組み立てる力(構文力)を養わないと現場では通用しません。


英語学習において暗唱は目的ではありません。
暗唱は構文力を向上させるための手段のひとつです。


暗唱した文をリアルの会話でそのまま使うことは稀です。
しかも1回使えばそれっきり。


会話を継続・展開するためには、場面に応じて英文をつくる力(構文力)が絶対に必要です。

日本人がその構文力をつけるのに最も有効なのが中学英語の徹底理解です。

 

www.chuueigo.com

www.chuueigo.com

 

 構文力をつけながら英語耳を鍛える

ブログや教科書で構文力をしっかりつけながら、英語を聞き取る力(英語耳)も養いましょう。

英語耳を鍛えるにも、いまは無料・有料合わせていろんな手段が存在します。
NHKラジオ、e テレ、パソコン・スマホを使ったオンライン英会話、dvd、動画など選択に迷うほどです。

当ブログでも追っておすすめのプログラムをご紹介したいと思います。

 

  • 1回最短3分から。スマホ・PCですべてを完結
  • 7日間無料お試し ↓ ↓ ↓「日常英会話コース」も使い放題
  • スタディサプリEnglish

  

Program 8 基本文 how

基本文  how を使った疑問文

●How do you go to school?

●あなたはどのようにして学校に行きますか。

※基本文は疑問詞 how 。「どのように、どうやって」
疑問詞に続く文は必ず「疑問文の形」 are you~,  does he~,  can you~ など。

Program 8 本文中の重要語句② 

重要語句 a piece of ~  many times

●I fold a piece of paper many times.

●私は1枚の紙を何回も折ります。

※特に重要:a piece of~ 1枚の~、many times  何回も
教科書本文より

 

重要語句 still

●She is still my English teacher.

●彼女は今でも私の英語の先生です。

※ still 「まだ、今でも」 文中での位置に注意。
●I'm still lonely. ⇒ be 動詞のあと

 

 

ツイッターで毎日ワンセンテンス発信中


当ブログはツイッターでも「中学1年生、2年生が今習っているのはこんな英語ですよ」という発信を続けています。

毎日ワンセンテンス、文意と要点を添えて学年別に発信しています。

少しずつ、コツコツと、ストレスなく、正しい文法に沿った構文力をつけるのに利用してください。

 

 

  • 1日6分!聞くだけで英語が話せる教材
  • 90日以内であれば商品代金を全額返金
  • 無料お試しこちら

 

脳内で瞬時に英作する力を

f:id:oshaberisai:20191215225952j:plain

実際にひと息で話せるようにやってみる


応用練習です。  
実際に英会話っぽく話せるか練習してみましょう。

上の例文の一部を変えてあります。
目の前に相手がいる場面を想定して、ひと息で言ってみましょう。

 

1. 私の母は中国語も話せます。

2. このケーキをつくれますか。

3. 彼はバレーボール部の一員です。

4. この質問は私には難しすぎます。

5. 日曜日はどう?

6. あなたは数学が得意ですね。

7. 彼はどうやってギターを弾くのですか。

8. 彼女は何回も1枚の紙を切ります。

9. あなたは今でも私の数学の先生です。


解答は記事のいちばん下に掲載します。

 

脳内瞬時英作力

テストで英作文を解くのと違い、話す場面では瞬時に脳内で英訳できなければなりません(脳内瞬時英作)

字を書く分だけ時間がある英作文より、頭をフル回転する必要があります。

ただ、上の応用問題も、なにしろ中学1年生の英語です。
まだ英語の勉強を始めて8か月の子どもたちが学んでいるところです。

まだまだ簡単ですね。 

応用練習・解答

1. My mother can speak Chinese too.

2. Can you make this cake?

3. He is a member of the volleyball club.

4. This question is too difficult for me.

5. How about Sunday?

6. You’re good at math.

7. How does he play the guitar?

8. She cuts a piece of paper many times.

9. You’re still my math teacher.

 

以上、いかがだったでしょうか。


次回、超復習⑥につづきます。

また、「中2英語・超復習」シリーズも始まります。
そちらもご期待ください。

本日は当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。


みなさんに英語を楽しく話す機会が早く訪れますように。

 


☆☆送り迎えや予約が不要なオンライ英会話 ↓ ↓ ↓