しゃべりーなサイ

ひとり旅の話、昔のこと、最近のこと、たまに勉強の話もひとりごと。ああ諸行無常。

日本にはどのくらいいるの?を中学英語で言ってみる

スポンサーリンク

中学英語を加工する力を伸ばす

f:id:oshaberisai:20190908103047j:plain

 

英語を話すには中学英語で十分です。
必要なのはうっすら覚えている中学英語を加工する力です。


今回は出会ったばかりで使える定番会話です。
まずは前回の宿題の答え合わせです。こんな↓お題でした。

 

 


1. 日本に来てどのくらいになるのですか。
2. 日本にはあとどのくらいいるのですか。
3. 今まででどこがいちばんよかったですか。

オンライン英語コーチ「スパルタバディ」


解答例です。

1. How long have you been in Japan? 現在完了形が苦手な方は 
 When did you come to Japan?    と日本に来た日を聞いてもいいですね。

2. How long more are you going to stay in Japan?

3. Which place do you like the best so far?

いつも通り3回音読して、プチ解説をご覧ください。

1. been は stayed でもいいですね。
 旅行者には lived ではなく been か stayed を使います。
 ぶっちゃけ How long in Japan?  で通じます。
 どれだけ省略形が言えるかが英語を話せるかどうかに大きく関わると思います。
 略して伝えるなんて知恵比べみたいで楽しいですし。

2. 「あと」「さらに」と聞きたいときはこのように more を使います。
 未来形は、あらかじめ決まった予定を聞く場合は are you going to を、
 たったいまその気になったときは will を使います。

 得意の省略形は How long more in Japan? ですね。

3. 「どこ」にあたる単語はここでは where ではなく、Which place を使います。
    like の目的語ですから名詞の place なのですね。
 Which is your favorite place?  なども使えます。


自分が話す場面をイメージして言ってみる

f:id:oshaberisai:20190908103929j:plain


納得できたら虚空タイム
画面から目を離して3回、自分が話す場面をイメージして言ってみましょう。

次に本日の例文です。軽く自己紹介に入りましょう。

出会った外国の方としばし道中をともにするイメージで言ってみてくださいね。

1. 私は高校生です。ここ京都で生まれ育ちました。あなたはどうですか。

2. 日本のアニメでは何がいちばん好きですか。

3. 私は海外には行ったことがありません。いつか行ってみたいです。どの国がおすすめですか。

スタディサプリEnglish

省略形を制する者は英会話を制する

f:id:oshaberisai:20190908105113p:plain


解答例です。

1. I’m a high school student. I was born and grew up here in Kyoto. You?

2. Which Japanese anime do you like the best?
(Which is your favorite Japanese anime?)

3. I’ve never been abroad. I want to try sometime.
 Which country do you recommend?


1. あなたは? は How about you? を略して  you? ⤴ だけでOKです。
 語尾は上げます⤴  省略形を制する者は英会話を制するです。
 省略形って左ジャブだったんですね。エ~ッ!? 英会話はボクシングだったのか。


2. 定番のジャパニーズアニメ、外国の人もお好きなようです。話題を振ってみましょう。

3. 相手が何か国も行ったことのある人ならば、おすすめの国を聞いてみると話が広がります。相手の情報披露欲も満たせますし、いい展開ではないでしょうか。
ここでも where ではなく、Which を使います。

はい、では3回音読しましょう。


土台になるのはあくまでも中学英語

f:id:oshaberisai:20190908104159j:plain

 

私は2児の母親です、など自分に置き換えて言ってみましょう。

ちなみに I’m a mother of 2 children.です。5歳と8歳なの…など、妄想すれば勉強ネタは尽きません。

共通点も見つかったりして会話が広く展開するとさらに楽しくなりますし、英語力もどんどん伸びていきます。

そしてとにかく頭に浮かんだ日本語をいかに早く英語に変換できるかが何より大切です。そのときに土台になるのはあくまでも中学英語です。

ちょっと加工を加えたらたいていの文は英訳できるはずです。


電車の中、会社で休憩時間に、また退屈な授業中(笑)に、こんなとき何て言うんだろう…とか、ぼんやり考えてアタマを練る習慣を持つのも上達の近道です。

ところで、話の流れで国の名前が出てきたときにどうリアクションできるか、というのは学校の勉強に大きく関わってきますね。

たとえば Thailand  ときたら Bangkok とせめて首都や世界遺産ぐらいは返せるような知識は欲しいですね。

だから学校の勉強にしても、ふだんから好奇心を持って臨むことは大切なんですね。
知識や好奇心が旺盛なほど、場に応じたネタが浮かびやすいですからね。

学生の方はふだん学校でも真剣に話を聞いておきましょうね。
で、なるべく1日1回は先生にシブい質問を投げかけてみてください。
質問しようと身構えるだけで集中力や吸収力が違ってきます。


社会人の方はいまはあらゆる手段で知識・情報は得られます。
いつかのときのために何でもいいから勉強しておきましょう。
しゃべりーなサイもがんばります(何をやねん)。


ここで虚空タイムです。

数十秒でも間をおくと、時間差学習になってさらにアタマを練ることができます。
覚えていますか。画面から目を離して3回ずつ練習してくださいね。

最後に宿題です。

1. 私には2人の子供がいて、1人は13歳の男の子、もう1人は16歳の女の子。お姉ちゃんは英語が得意なんだけど、しゃべるのはなかなか難しいみたい。


…こんな状況を英語でスラスラ言えたらいいですね。今回はこの1文です。


では、また次回に。


本日もしゃべりーなブログをご覧いただきまして、ありがとうございました。