しゃべりーなサイ

ひとり旅の話、昔のこと、最近のこと、たまには勉強の話も。

コロナが終息したら新緑の京都に全力で癒されるぞ【高瀬川と白川の風情】

コロナが終息したら新緑の京都に全力で癒されるぞ【高瀬川と白川の風情】 高瀬川・一之船入 こんにちは。 ブログ訪問ありがとうございます。 コロナ感染防止のための自粛が、当初の予想より長期化しそうな空気になってきました。 「 好きなときに 好きな場所…

コロナ渦中で見た小さな出来事から孤独について考えてみた

コロナ渦中で見た小さな出来事から孤独について考えてみた こんにちは。 「しゃべりーなサイ」ブログへようこそ。 今回の記事は令和2年の春、世界中がコロナ渦中にある中で書いています。 世の中がコロナ感染の恐怖と対策で息詰まる中、ある 小さな出来事 …

銭湯で全裸の汽車ポッポ事件の真相【大学時代の合宿の思い出】

銭湯で全裸の汽車ポッポ事件の真相【大学時代の合宿の思い出】 こんにちは。 しゃべりーなサイブログにようこそ。 今回は大学時代に遭遇した(というより自ら演じた)「銭湯で全裸の汽車ポッポ事件」の真相を解明したいと思います。 暇つぶしにくだらない話…

【父の2周忌に】私なりの供養と鳥もちの思い出

【父の2周忌に】私なりの供養と鳥もちの思い出 2周忌 もうすぐ父の2周忌がやってくる。 子どものころはよく考えていた。 肉親を亡くすとはどういう気持ちなんだろう。 自分は正気でいられるのだろうか。 胸がつぶれてしまうのではないだろうか。 実際、2…

【大阪発夜行フェリー2等船室】船旅で出会った人・ひとり旅のすすめ

【大阪発夜行フェリー2等船室】船旅で出会った人・ひとり旅のすすめ 昭和の懐かしい旅のひとつに、夜行フェリーの船旅 があります。 なかでも運賃が最も安い2等船室、いわゆる船底の旅です。 船底の客室でごろ寝をして朝を待ちます。 見知らぬどうしの乗客…

小、中学生が長期休校の間に差をつける家庭学習法!【通信講座4選】

小、中学生が長期休校の間に差をつける家庭学習法!【通信講座4選】 小学生、中学生のみなさん、長期休校を持て余していませんか。 長期休校で時間があり余るときこそ、学力で差をつける 絶好のチャンス です。 ん? そんなことわかってる? そうですよね。…

絶対に断られない車内の席のゆずり方【気まずいのは嫌】

絶対に断られない車内の席のゆずり方【気まずいのは嫌】 この記事は、電車やバスの車内での絶対に失敗しない席のゆずり方を紹介します。 車内ですわっているときに、ご年配の乗客に席をゆずりたいけど勇気が出なかったり、ゆずったけど断られたりという光景…

コロナで京都の桜が見れなかったので過去の旅を慰みにする

コロナで京都の桜が見れなかったので過去の旅を慰みにする hiyoriさんによる写真ACからの写真 2020年の今年、まさかコロナ感染でこんなことになるとは想像もしませんでした。 学校も会社も非常事態で、外出さえままなりません。 例年なら春は京都に桜を…

人生初の一人旅は大学受験の上京だった【新幹線の密かな愉しみ】

人生初の一人旅は大学受験の上京だった【新幹線の密かな愉しみ】 うさぎの島から世界一周まで 一人旅が好きで、年に何度も出かけます。 40歳をすぎてから好きになった京都は、季節が変わるたびに訪れます。 いつも同じかばんを肩にかけて家を出ます。 身に…

自分の夢を信じた先輩が胸に秘めていた「何か」とその後の人生

自分の夢を信じた先輩が胸に秘めていた「何か」とその後の人生 ひとつ年上のひと味ちがった先輩 大学卒業後に勤めた会社に、周囲とはひと味ちがった先輩がいた。 やさしく穏やかな人だけれど、「何か」を胸に秘めたような目をしていた。 私とは入社が1年違…

バックパッカーが旅先で号泣したわけ【南インドの忘れられない出会い】

バックパッカーが旅先で号泣したわけ【南インドの忘れられない出会い】 27歳のとき世界1周をめざして日本を出た 世界一周をしようと日本を旅立ったのは27歳のときだった。 5年勤めた会社を辞め、2か月間はしっかり準備をした。 東南アジアを皮切りに…

父の一周忌と木を失くしたセミ

父の一周忌と木を失くしたセミ 木を切った 父の1周忌を終えた春の日に、実家の庭の木を切った。 老いた母が望んだのだ。 玄関前の見通しが良くなり、家の中が明るくなった。 父もきっと喜んでいると思う。 7月に入ると、玄関前で羽化しきれずに息絶えたセミ…